トップ釣行記

1999年モルジブ釣行記

初の海外旅行。GTに初挑戦。

1999-10-07~1999-10-14

その1

 1999年10月7日から14日の間、モルジブへ行って参りました。憧れの地にて憧れのGTを釣りに、初の海外旅行です。

 初の海外旅行ということで準備が大変でした。まずはパスポート取得です。これがなきゃ始まりません。

 浦和市民である僕は大宮ソニックシティにあるパスポートセンターに行って取得申請をしました。
 申請できるのは平日の勤務時間帯が一般的なようで、勤め人には厳しい条件です。お盆の最中、会社が休みで役所は開いてるって日があったんで行ったんですが、すごく混雑していました。やはりこういうチャンスはみんなに狙われるんでしょうね。

 次に各種タックルです。最近ではGT用タックルも一般的になって取扱ショップも多くなりました。今回は竿を買わねばなりません。
 にゃん次さんに相談に乗ってもらって、ZENAQのGTロッドJiggerTrust P83-5に決めました。8feet3inchのパワー5番。価格は比較的安く性能も悪くない、と結構評判の良いメーカーです。

 それに必要なのがルアーです。合計20個近く買って5万円くらい散財しました。(;_;)実際にはこんなに要らなかったんですけど、あちこちでよさそうな物を買ってしまいました。

 収納にも工夫して、ルアーケースはMEIHOの仕切り無しケースが便利と聞き、渋谷のSANSUIへ行きました。船上での荷物入れにはダイワコマセ用磯バッカンが水にも強く洗い易くて、ケースにもジャストサイズでした。

 予備釣具としてDAIKOのサザンクロススティックSTS-86Xをインターネットの中古釣具個人売買コーナーで購入しました。リールはにゃん次さんからシマノの'97 ステラ10000を借りてバッチリです。
 現地では釣具は購入不可能なので何度も何度もチェックしました。

 身の回りのもの及びリールはデイパックに入れて機内に持ち込みます。投げられて壊れると釣りになりません。
 ロッドケースも破損が心配な持ち物です。フランボーのバズーカは各種金具をガムテープでグルグル巻きにします。このあたりの工夫はにゃん次さん達から話を聞いたTIPS満載であります。

 結局今回忘れたのはPEライン用ボナンザスプレーです。これは結局あれば便利だが無くてもいい、程度のもので別に困ったというものではありませんでした。

 あと、今回のスペシャルものとして、ザウルスのGAO GAS70M-2 7feet(バス用)にダイワのTD-S2500iAとお手製9cmミノーペンシル。普通モルジブのリゾートは陸っぱり禁止だから、ツアーの釣りだと用無しです。

 またフライでGTの野望のため、SAGEのRPLx 9feet #12とCabela'sのCR-10+にデカいソルト用フライを準備しました。これも阿呆がやる釣りなので、普通、一般人は持って行きません。

 いや~。遠征の釣りは準備段階から戦いですね。道具で予算10万円を想定していましたが、ちょっとアシが出てしまいました。いずれGTを!と思っている人は普段からコツコツ買い集めるようにしましょう。(^^;)

その2へ続く

Copyright (C) びぃ,1999-11-29,All-Rights Reserved.