トップモノ語り

初めてのバンブーロッド

実はバス用ベイトロッドが初めてのお相手でした
Bamboo 2pcs 6'0" : Dowluck
Revolver #411 (olive) : B.P.Baits

dowluck1

 フライフィッシングに関する情報に触れていくと、イヤでも目に入ってくるのがバンブーロッドです。もちろんイヤでも何でもなくて、かなり好きです。興味深々です。(^^;)
 しかし道具に拘る人間が多く、ハマる度合いが深いのもまた事実です。フライの何たるかの一端に触れる前にバンブーにハマるようでは身が持ちません。

 しかしバンブーへの興味がどんどん膨らんでいるのも事実で、どんな竿なんだろう?興味ある素材だなぁと注目していたのであります。

 そんな中、道楽のビデオvol.1で山根氏が使っていたPhillipsonのバンブーベイトロッドをベースに、道楽が国内のフライロッドビルダーに依頼して作り販売するらしい、との話を聞きました。
 ほう。機会があれば使ってみたいねぇと思っていた頃、ヤフオクでこのバンブーベイトロッドが出展されており、飛びついて買ってしまいました。2000年の11月のことでした。
 新品定価は¥88,000-と聞きました。落札価格は¥40,000-でした。半額以下のこの値段でバンブーロッドを使うことができるなら、これはお買い得だ、と思ったのでした。

dowluck2
竿へのサインはコレだけです。シンプルでいいですね。

 送られてきた竿を見ると、若干右方向への曲がりはあるものの、使用するには問題無いレベルでした。バンブーで曲がりが出るというのはよく聞く話ですしね。
 細部の作りはいいです。綺麗に作ってあると思います。質感があってなかなかいい雰囲気だと気に入りました。

dowluck3
フェルールは使っているうちにちょっと錆がきてしまいました。

dowluck4
透けるスレッドはシルクかな?

 実際に使うとなると、さてリールをどうしようかと考えました。当初Culcutta50XTがいいかな?とも思ったのですが、現代の技術を活かして蘇った過去の名品という道楽のポリシーを考えると、他にいいリールがありそうな気がしてきました。

revolver1

 そこで白羽の矢を立てたのは、B.P.Baitsのダイレクトリールであるリボルバー#411でした。このリールもまた現代の技術を活かして蘇ったダイレクトというクラシカルなメカニズムを持つものです。コンビを組む相手としては悪くないのでは?と思ったのでした。
 ちなみに道楽のビデオの中では山根氏はAmbassaduer2500Cを使っていましたね。

revolver2

revolver3

 さてはて、このタックルを使ってみた感想ですが、まだ1匹も釣ってないのではっきりとしたことが言えません。
 この竿を買った後仕事が忙しくなってしまい、バス釣り自体にあまり行けなかったのと、そのためもともと悪い腕前がさらに悪くなってしまったのが原因です。

 ルアーを投げたところでは、なかなか使える竿になっています。僕は普段1ozクラスはほとんど投げないので、常用する1/2~5/8ozくらいでは特に不安を感じることもありません。
 ゆったり振りかぶって、竿のしなりを使ってぼよよんと投げると、気持ちよく飛んでいきます。

 素材としては、やっぱり低反発です。竿をあおると一瞬遅れて戻ってくる感じですので、グラスと変わりなく泳がせることができます。
 やはりペンシルベイトを泳がせるのに気持ちいい素材なんですね。

 現在、悩みの種が一つあります。それはスプールの糸噛み。現代のリールでは8lbナイロンラインでも糸噛みすることはほぼありませんが、このリールでは16lbナイロンでも糸噛みしてしまうのです。

revolver4

 制作者であるバスポンドの松井氏はPEの60lbや80lbを使うことを念頭に置いてデザインしたのだと思うのですが、そんな強い糸だと、ガイドを弾き飛ばし、竿をブチ折るのに充分なパワーを持っています。
 はっきり言えばオーバースペックなんですね。できれば竿が折れる前に糸が切れて欲しいです。

revolver5

 シルクラインを使えないかな?と検討中です。フライラインなら若干の情報があるのですが、ルアー用レベルラインとなるとなかなか厳しいです。
 フライ用レベルラインの細いものが使えないかな?とは思っているのですが、径も分かりませんし、入手できるか分かりません。6号以上の太さがあって、強度は8lbくらいの糸って無いかなぁ?と思案しているところなのです。

Copyright (C) びぃ,2005-01-04,All-Rights Reserved.